ドッグバス

ドッグバス

ドライヤー選びのポイント

収納やお手入れのしやすきを追求した繊能的なシリーズから デザインにこだわった”見せるパス”まで、サイズ、オプションも多彩なラインナップがそろっています。

ドライヤー選びのポイントサロンにあわせてデザインで選びましょう

機能性を追求したシンプルなデザイン、 見た目にこだわったスタイリッシュな デザインなど、サロンのスタイルにあ わせてお遺ぴ下さい。

機能性・デザイン性
ラウンディッシュシリーズ BSシリーズ エクセレントシリーズ ハーベストシリーズ
ラウンディッシュシリーズ BSシリーズ エクセレント ハーベスト
【特徴】
作業中にコーナー都分lこぷつかっても痛くない丸みをもたせたアール仕様です
【特徴】
一般の製品よりも厚いステンレスを使用。一枚板のためニオイ乃元が入りにくい設計です。
【特徴】
重厚感のある木製のシリーズ。グレースの天板には人工大理石をグランデにはラメ入り強化ガラスを使用しています。
【特徴】
曲線のフォルムにネコ脚をつけたリラクゼーションアイテム。エステメニューに最適です。

ドライヤー選びのポイント犬の大きさにあわせてサイズで選びましょう

スタンダードバスをベースに本体幅のサイズ展開を豊富にご用意しました。各サロンのニーズにあったサイズをお選び頂けます。

小型犬用 小型犬~中型犬用 小型犬~大型犬用

小型犬

700

小型犬~中型犬

900

小型犬~大型犬

1200~1450

ドライヤー選びのポイント疲れない高さや収納など、機能で選びましょう

梅能的であればあるほど、作業時間や掃除時聞を短縮できます。グルーマー (トリマー)自身はもちろん、ベットのストレスの軽減にもつながります。

収納性

棚がついていると、シャンプーなどの作業に必要な道具を収納するのに便利です。毛が入らないので衛生前です。

前開き仕様

シンクの前面に扉が付いた前開き仕様であれば、大型犬の出し入れも楽にでき腰に負担がかかりません。(水をためることはできません)

高さ

前かがみでの作業は腰痛の原因にもなります。負担の少ない高さを考えて設計しています。長身の方でもオーダー頂けます。

間仕切り

2人同時に作業が可能で、犬の大きさによっては2頭洗いができます。大型犬の場合は間仕切りを抜いてご使用下さい。(間仕切りを使用しても片側のみで水をためることはできません)

メンテナンスの基本

ヘアーキャッチの清掃

抜け毛・切れ毛を集めるヘアーキャッチは定期的に掃除しましょう。

スノコの清掃

布などの柔らかいもので磨き、天日干しして乾燥。カビの繁殖を防ぎます。

商品一覧

  • BS-700

    • ステンレス槽
    • スノコ付き
    • 駆け上がり防止付き

    製品情報

  • BS-900

    • ステンレス槽
    • スノコ付き
    • 駆け上がり防止付き

    製品情報

  • BS-1200

    • ステンレス槽
    • スノコ付き
    • 駆け上がり防止付き

    製品情報

  • BS-1450

    • ステンレス槽
    • スノコ付き
    • 駆け上がり防止付き

    製品情報

  • BSW-1200二槽式

    • ステンレス槽
    • スノコ付き

    製品情報

  • スマートドッグバス1200

    • ステンレス槽
    • スノコ付き

    製品情報

  • ラウンド700DX

    • ステンレス槽
    • ノンスリップ加工

    製品情報

  • ラウンド900DX

    • ステンレス槽
    • ノンスリップ加工

    製品情報

  • ラウンド1200DX

    • ステンレス槽
    • ノンスリップ加工

    製品情報

  • ラウンド1400DX

    • ステンレス槽
    • ノンスリップ加工

    製品情報

アイコン説明を見る